2014年09月23日

「アイヌ利権」問題提起したら「議員辞職勧告」の闇 札幌市議会

 北海道では、アイヌについて発言することはタブーであり、「差別」だと批判されかねない。金子快之札幌市議(43)の「アイヌはいない」発言は、アイヌと和人が混血して既に純粋なアイヌは存在しない事実を述べたもの。それほどアイヌ差別は少なく、日本人としてとけこんでいる。

 ところが行政サイドでは「アイヌは差別されている」とされ、DNA鑑定もなしにアイヌと認定して、各種補助金を支給するなど「アイヌ利権」が与えられている。また、これに便乗して、利益を得る政治勢力や外国人などの存在も指摘されている。

 金子議員はまさにこのタブーに切り込み、斬られたのである。自民党を離党し、議員辞職勧告を受けながら、それでも戦うという彼の姿勢こそ「言論の自由」の砦ではないか。

金子議員の意見

2014年01月01日

強くなった日本

P92902-2s.jpg

 昨年の正月は新しい政権への期待含みで始まったが、その後1年を経て、日本はどう変わったのだろうか。主に外交の観点から振り返ってみると、そこには「強い日本」があった。

 安倍政権は、当初TPPに消極的だったが、ある日突然TPP交渉参加を表明した。国民の目には、「またアメリカに押し切られた」と映ったようである。反対意見の多くは、「どうせアメリカに都合のよいように決められるから」という「経験則」に基づいていたからだ。

 ところが、昨年末までにまとまるはずだった交渉は、結局年を越した。TPPの骨組の中で最も問題視されていた「ISD条項」は骨抜きにされ、最後に自由化する項目についての意見がまとまらなかったのが実態である。ここに来て、「交渉に参加して勝ち抜く」という日本政府の姿勢が明らかになったわけだ。

 「靖国参拝」も安倍政権の公約だった。しかし、中韓の反対に加えて、ここにもアメリカは影を落とした。ケリー国務長官とヘーゲル国防長官が揃って千鳥ヶ淵戦没者御苑に参拝して「靖国」を否定したのみならず、バイデン副大統領がわざわざ安倍首相に電話してまでクギを刺した。その結果の「失望」発言である。

 アメリカに言いたいことは言う。安倍首相はまさにそれを本気で実践しているわけで、弱体化したオバマ大統領とは対照的に、安倍首相を評価して「世界一の行動力」と言ってもよいだろう。もとより、それを可能にしているのは国民の支持であることは言うまでもない。


2013年07月07日

充電に追われる日々

 充電式電池は、繰り返し使用できるため経済的であり、エコに貢献している。しかし、携帯電話を例にとれば、充電が前提であり、怠れば使用できなくなる。しかも、充電している間は持ち運びできない。「携帯」とは呼べない場面にしばしば陥る。

 固定電話の子機だが、長年使ってきたため、少し長く話をすると切れてしまうシラブルが発生した。電話機を買い換えるのも馬鹿くさいので、バッテリを交換することにした。

 調べると、メーカー(ソニー)は既に電話機から撤退。古い機種の電池は他から調達せざるを得なくなっていた。いわば第3者メーカーの互換品種を探して手当せざるを得ないわけだ。

 幸い、互換品種はみつかった。ただし、「リチウム電池」の時代に「ニッカド」は古すぎるので、「ニッケル水素」で代替したものだ。おかげで容量が600mAHから800mAHに増え、通話できる時間も長くなった。

 携帯電話では、2年経過してDocomoから新しいバッテリの無償提供があった。携帯の場合は、通話中にバッテリ切れを生じるのは致命的なので、充電を頻繁に行うため劣化が早い。いつでも通話できよう維持するために、こういったサービスは必要なことである。

 取り扱いデータ量が激増するスマホならばなおさらで、便利さの裏返しに毎日が「充電に追われる日々」になってしまう。当然バッテリの劣化も激しくなり、携帯よりも維持するのが大変である。


富士通FMV ESPRIMO FH

2012年12月31日

正しい歴史

P2102942s.jpg


 昨年は年末の慌ただしい選挙で暮れたが、ひとまずホッとして新年を迎えられた人も多いと思う。あるとき気が付いたら民主党政権は日本国民の方を向いておらず、特亜3国 (中国、韓国、北朝鮮) を優遇する世の中に変わっていた。まさにブレーキをかけても止まらない政権を、やっとのことで止めたのである。

 ここでいう3国の特徴は、「反日教育」をしていることである。そこの政権が「日本は敵である」と教え、日本の領土や「主権」を侵害することを当然と考えているのに対してどうしてそれほどまでにご奉仕しなければならなかったのか、日本国民は疑問を持たざるを得なかった。

 鳩山 「日本は日本人だけのものでない」→「特亜3国のものでもある」と言いたげだ。

  退陣要求を無視してさんざん粘ったあげく、最後に「朝鮮学校に補助金を出すよう検討」する指示を出した。

 野田 (在日に対して)「選挙では皆さんに大変お世話になりました」→参政権のない外国人に選挙の手伝いをさせてよいのだろうか?

 ともあれ安倍政権に代わって、ようやく日本人が日本国の主役の座を取り戻せそうである。まさに「悪夢」だった3年間から解放されて、初めての正月を迎えたのだ。ただし、今年7月の参議院選挙の結果次第では「揺り戻し」もあり得るかもしれないので気を引き締める必要がある。

 ところで、「反日教育」は近隣諸国だけでなく、日本国内でも行われている。学校の授業で「竹島は韓国領」と教える北教祖のやっていることはまさに「工作員」そのものである。

 日本国内で反日教育が行われる素地は、第2次大戦への偏った評価によって醸成される。それによれば「日本がすべて悪い」のであり、その償いのため近隣諸国にご奉仕するのは当然だというわけだ。

 ところが、特亜以外のアジア諸国からは、「日本のおかげで植民地から解放され独立できた」との賞讃の嵐である。日本は自国が植民地にならないように、アジア諸国を助けたのが戦争の目的だったのである。
  
 とかく印象だけで物事を判断するのは危険である。特に日本史で曖昧になっている部分について次のサイトが明快に説明しているので参考にされたい。

 正しい日本史/世界史


2012年08月15日

「わけあり」パソコン

 ある会社の仕事で新しいパソコンが必要になり、私が調達する仕事を担当した。これまでだったらOfficeは教員ライセンスで何とかなったので、安価なASUS(台湾の有名メーカー)のOfficeなし機種を選んでいたのだが、今回は大学とは関係のない会社のことで、Officeは必須であった。しかし、その条件を付けてもASUSなど海外機の方が安いことが多かった。

 今回、パソコンは筆者が使うわけではないので、できれば説明書など親切な国産機が望まれた。国産機が安く買えればそれに越したことはないのだ。

 そこで「わけありパソコン」に注目した。どのような「わけ」があるのかといえば、
・キャンセルで返品されたもの
・箱などに傷があり販売店に回せないもの
だという。箱の中のパソコンには何も問題がないので、安い分だけ得なわけである。

 実際、ヨドバシカメラで¥86,800の機種が、わけあり品では¥78,400となり、ヨドバシ価格よりも1割ほど安かった。これでメーカーの1年保証が付き、送料はゼロ。何よりメーカーの直販であることが安心である。

 メーカーのページには配達まで1週間かかるように書かれていたが、実際に発注してみると3日目には届いた。そこで、早速開梱して、とりあえずOfficeのライセンス手続きを行ったが、無事インターネットに自動接続して完了できた。

 唯一苦痛だったのはWindowsUpdateで、「わけあり」とは関係がないことだが、電源を切ろうとしたら約80もの更新が延々と行われ、いつ終わるのかわからない状態だった。WindowsUpdateは普段からこういう傾向があり、新しいパソコンで更新項目がたまっていると特に長い。

 そして、次に電源を入れると、「更新を適用しています」とか、「Windowsを構成中」とやられて、これまた使えるようになるまで時間がかかるのである。


富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

2012年05月30日

デジカメの液晶ファインダー自作

 あるメーカー・サイトの懸賞で、昨年夏ビデオカメラが当たった。今時の製品はビデオカメラと言ってもデジカメと兼用のものが普通で、ビデオカメラはハイビジョン対応、デジカメは1,000万画素対応というレベルのものである。当時としては、「大当たり」だった。

 しかし、カメラの性能への期待が大きいだけ、使ってみると不満が出てきた。撮影時に確認できるのは液晶モニターだけで、屋外などでは自分の顔が写りこんで画像がモニターできない。一眼レフのファインダーに慣れてきた筆者には、とても実用的なカメラとはいえなかったのである。

 こんな不満を持っている人は多いのではないかとネットを探してみると、ヨドバシカメラなどの量販店で「液晶フード」なるものが販売されていることがわかった。しかし、これとて単に陰を作っているだけで、余計な光を完全に遮断するものは少ない。まして、筆者のように遠視が老眼で固まってしまった者には、視力に合ったファインダーとして機能して欲しいのだ。

 そこで、100円ショップで双眼鏡を買ってきて分解し、対物レンズを取り出した。これを使って液晶画面を覗いてみると、何とクリアに見えることか!! 気分をよくして得意の板金加工を行って変形筒を作り、ハメコミ式で液晶に取りつけた。これこそが、「ミラーレス一眼レフ」である。

 これで、高級カメラと同様、撮影時に画像の細かい点を確認できるようになった。液晶の解像度は低いが、露出など自動補正されたデジタル画像を拡大して見れるのは素晴らしい。


FUJIFILMネットプリントサービス

2012年01月09日

「昇龍」のつもりで




 今年は、昨年から持ち越した風邪のため正月は安静につとめた。その結果、1月のブログのアップロードは延び々となり、皆さんへのご挨拶が遅れてしまった。

 写真は厳密にいえば「龍」ではなく、見ただけで鳥であることがバレてしまうのだが、花で作った龍のような勢いを持つモニュメントを、正月用の絵として利用させて貰った。

 今年こそは、この写真のように昇り調子に物事が運び、よい年になるよう祈りたいものである。

2011年12月10日

米国が「京都議定書」の枠組みに参加しない理由

 アメリカのゴア元副大統領による「不都合な真実」で地球温暖化問題がアピールされて以来、世界中でその対策の必要性が叫ばれてきている。中でも日本は率先してビジョンを打ち出し、京都議定書の宣言となったのだが、現状はどうなのか。

 二酸化炭素主要排出国の中国やアメリカが参加しないこの枠組みは、既に排出量で15%しか機能しておらず意味がないとして、このままでは日本も脱退せざるを得なくなっているのが実態である。それに対して、発展途上国からは日本にとどまるよう期待する声が大きいというのだが…。

 さて、温暖化対策のためで国内でなされてきたことは、会社などを中心とした「エコ」の取り組みである。二酸化炭素削減のため、資源を再利用しようというわけだ。その一例として牛乳パックを水洗いしてリサイクルに回しているが、その際に大量の水を消費している。さらには工場まで運搬するのに、自動車が二酸化炭素を排出する。スウェーデンあたりでは、燃やしたほうが二酸化炭素排出量が少ない、と言っているにもかかわらずである。

 こんなにまでして手数をかけるのは、温暖化対策そのものによって仕事を作り出す目的があるからだ。省エネ製品は、輸出することによって外貨を稼げる。日本政府がエコ対策に熱心なのは、この辺に理由がある。

 それならば、「不都合な真実」で火をつけたアメリカはどうなのか。そこに書いてあることが「真実」ならば、もっとエコに熱心であるべきなのではないだろうか。しかし、期待に反して不熱心であるということは、相応の原因が存在するはずだ。

 表向きアメリカは、エコは会社の経営コストを上げ国際競争力で不利だから、産業界の反対で参加しないのだという。しかし、経営コストの問題は日本でも言えることで、産業界を説得しないアメリカ政府のやっていることはフェアとはいえない。馬鹿くさくて、このままでは日本も京都議定書から脱退したいというのは当然のことである。

 原因はそれだけだろうか。筆者は、本当のところ「二酸化炭素による温暖化」のストーリーそのものがウソであって、アメリカ政府は既にそのことに気付いているからだ、と見ている。事実、年平均気温の上昇率は近年鈍化している。昨年あたりがピークで、今年から寒冷化に向かうという情報さえある。

 また、専門家によれば、地球の歴史でこれまで温暖化により二酸化炭素が増えたことはあるが、二酸化炭素が増えた後に温暖化したという因果関係はなかったそうである。長い歴史の上で、地球は温暖化と寒冷化を繰り返してきたが、近年は単に温暖化の「上昇カーブ」に乗っていただけで、原因として二酸化炭素犯人説がまことしやかに語られたにすぎないのではないか。

 この見方を裏付けるように、二酸化炭素温暖化説を主張する一派が、それを否定する「不都合な情報」を隠ぺいしたことが暴露されている。

 どこの国でも、政府のいうことには別な目的が隠されていることが多い。特にアメリカのいうことにはいつも「裏」があって、地球温暖化の話は日本など他国の輸出競争力をそぐためにアメリカが仕組んだ策略と考えればわかりやすい。



2011年10月23日

ミラーレス一眼レフ

 拙著「カメラ常識のウソ・マコト」(講談社ブルーバックス)第4章「一眼レフを超える画像モニタ方式とは?」(p111)では、オリンパスのデジカメC-2500L(1999年9月発売)で採用されたファインダーについて触れている。

 高級カメラとされている一眼レフにはミラーがあって、シャッターを切る際にこれが押し上がり、受光素子に像が結ばれる構造になっている。この複雑な構造が、手の届きにくいところまで値段も押し上げているのが実態だ。

 これに対して「ミラーレス一眼レフ」というのはデジカメだからこそできるモニタ方法で、デジタル化された画像を液晶画面等のファインダーで覗くようにできている。デジタル処理された画像なので、シャッター速度や絞りだけでなくホワイト・バランスなども調整された結果をモニタできる点が素晴らしい。

 むしろ正式な一眼レフは光学的に覗くだけだから、撮影時の設定データは反映されていない。ファインダーで見た画像から撮影後の画像を予測し、意図した状態に露出などを調整することが優れたカメラマンに求められる資質なのである。ミラーレス一眼レフならば調整後の画像が見られるわけで、気に入らなければシャッターを押さず再調整すればよいのだ。

 こんな優れたモニタ方式のカメラが1999年にオリンパスから既に発売されていたが、「一眼レフ」とは呼ばれず、普通のデジカメとして扱われていた。なぜならば、C-2500Lは光学3倍ズームを固定装備し、レンズ交換ができなかったからである。その後、2008年9月にパナソニックが世界初のミラーレス一眼レフを商品化し、オリンパスはもとより、ニコン、キャノンなどがそれに続いた。


FUJIFILMネットプリントサービス

2011年09月16日

アリの世界の意外に高度な「会話」

 大学院の研究室で昨年誕生した1匹の働きアリは、貴重な観察データを残して、今年の9月にその短い生涯を閉じた。そのアリがサナギから成虫したとき、蜜を含んだスポンジの陰に埋もれていたところを発見した私は、救助し、ティッシュ片に水を湿らせて体を拭いてやったことを記憶している。

 このアリは、他の巣のアリを侵入させたとき、怒って鳴き声を発し威嚇する様子を拡大音声と拡大画像で同時収録する際、見事に主役を演じてくれた。しかし、子育てはあまり上手に見えなかったので、出身元の巣から子育てが得意そうな「姉」を取り出し、それと交代させようと作業を進めていたのであった。

 最初に妹を巣から取り出し、代わりに姉を入れて半日ほど巣に慣らした。さすがに姉は見立てどおり子育てをきちんとやってくれたのだが、別々の巣で生まれた姉妹が、突然出会うとどんな反応を示すのか興味があった。

 そこで、録画システムを作動させて飼育ケースのフタを開け、姉のいる巣箱の中に妹を落としたのである。姉にとってはようやく慣れた巣であるし、妹にとっては生まれ育った巣であるので、どちらも譲ることはできず、喧嘩になることは必至だった。まさにその予感は的中し、最初に妹が姉の首にかみついた。

 しかし、妹は何かを感じたらしく攻撃の手を緩めると、今度は姉が噛みつく様子を見せたが、それもおさまった。お互いに攻撃してはいけない相手だと察知したらしい。そうだとわかれば、一緒に生活しようと、妹は巣箱の外に出て働き、幼虫を銜えて戻ってたきたのである。

 この巣箱に住んだ期間を考えると、姉は先住者である妹にとって非常に歓迎すべきアリだったに違いない。成虫してから、これまでずっと1匹で孤独に幼虫の世話をしてきたからだ。その気持ちをこめて、妹は狂ったように姉の体をグルーミング(舐めてきれいにする)した。

 そんなことを知らない姉にとっては、妹がぐいぐい引っ張りながらなめ回すのに対して、鳴き声で威嚇するのだが、迷惑そうにはしているものの攻撃するでもない。妹の方も、姉の威嚇に対してひるむ様子もなく、グルーミングを続ける。

 ©ビデオ「過剰なグルーミングに怒る姉と無視して続ける妹の微妙な会話」 (クリックして上映)

 これまで、アリ同士のコミュニケーションは、フェロモンで化学的に行われているとする研究が多かった。鳴き声でのコミュニケーションについては報告例が少なかったが、上記の姉妹の会話はまさにそれである。しかも、これほど微妙な心理を反映しているとは、アリたちの会話も思いのほか高度なものであるようだ。


お買い得ベストセレクション

2011年08月15日

180度変わる「大戦」の評価

 今年も「終戦の日」を迎えた。言い換えると、これは「敗戦の日」である。日本は負けたことによってものが言えなくなり、代わりにGHQ(米占領軍)によって押しつけられたのは、「自虐史観」といって「すべて日本が悪い」とする考え方である。この思想は、日教組の先生方によって学校教育に幅広く組み込まれ、近年では北教組が「竹島は韓国領」と教えるまでに拡張されている。

 しかし、戦後半世紀をはるかに過ぎると、これまで言えなかったことが言えるようになっただけでなく、マスコミがいくら隠してもインターネツトで真実がバレてしまう時代が到来した。すなわち、公平に善悪の程度を比較できるようになったのである。

 戦争前のアジアの状況はどうだったであろうか。イギリスが清国に麻薬を売りつけ、「アヘン戦争」を引き起こしたのは氷山の一角で、欧米列強はアジアを植民地にして搾取した。このような時代、植民地にされないよう日本が富国強兵に走ったことは必然であり、むしろ資源の少ない日本のエネルギーや食料輸入を遮断し、意図して第2次大戦に追い込んだアメリカの「戦争犯罪」こそが問われるべきであろう。

 結果として日本は負けたが、「アジアの植民地解放」は実現した。「アジアに迷惑をかけた」どころか、植民地からの独立を助けたことは世界史に残る快挙であって、アジアだけでなく米英からも称賛の声が多数挙がっている。
  資料「大東亜戦争の真実」

 このとき日本がインフラ整備をしてくれた恩義を忘れない台湾は、教科書に記録を残し子孫に語り継いでいる。東日本大震災の折には、米国をしのぐ200億円を超える義捐金を寄せ、感謝の気持ちを示した。米国のビデオがインフラ整備の一端を紹介している。
 資料ビデオ「米国から見た日本の台湾統治」

 日清戦争は、朝鮮を清国から独立させるのが目的だった。このため、日本は多額の資金を費やしてインフラ整備をしただけでなく、学校を作りハングルを教えた。日本に併合されたことで近代化は進み、終戦とともに独立したのである。
 資料「産経ニュース」から

 その後朝鮮戦争によって北朝鮮と韓国に分裂したが、韓国は高精度な部品を供給する隣国日本を利用し、安い労働力で製品を組み立て経済成長をとげた。台湾と異なるのは、日本への恩義を忘れて武力で竹島を占領し、対馬まで狙っていることである。教科書では日本を「敵国」と教え、中学生の35%が「日本は最大の敵」と認識している。「従軍慰安婦問題」がウソであることは、ソウル大学名誉教授でさえも認めているくらいだ。ちなみに、韓国には現在も (韓国兵のために) 従軍慰安婦制度が残っている。
 資料ビデオ「週刊新潮」の記事から

 中国のいう「南京大虐殺」も、当時人口20万人しかいない南京市で30万人殺したとする虚偽の説明がかつてなされており、証拠とされる写真は、中国人が日本人を虐殺した「通州事件(1937)」のものであることが指摘されている。その中国は、「文化大革命」で自国民を数百万から数千万人殺したとも言われており、「天安門事件(1989)」で学生たちを戦車でひき殺すなど、むしろ「虐殺癖」のあるのは中国の側なのだ。

 これらの国々の政府は、自分たちにとって不都合なことを可能な限り日本のせいにしてきた。そして、「自虐史観」で洗脳されたおとなしい日本政府は、「はい、そうですか」と認め、多額の「賠償金」を支払ってきたのである。経済力が強かった昔はともかく、「財政再建」の上に「震災復興」を重ねなければならない現在では、検証もせずこれ以上国費を浪費することは許されない。

 上で述べたように、日本のおかげでアジアの国々は「植民地」から解放されたのである。そのために命を捧げた兵士たちは、「死んだら靖国に祀られる」と言われて戦場に赴いたのだ。米国主導で「勝った者が負けた者を裁く」と言われた「東京裁判」だが、その席で一方的に「戦犯」にされ中国に毛嫌いされた人たちが合祀されているという理由で、靖国に手を合わせない政治家たちは「日本のリーダー」と呼ばれるにふさわしいのであろうか。

 何が正しいのか検証しながら調べていけば、これからの日本のあるべき姿が見えてくる。「温故知新」である。それは、「自虐史観」で洗脳された暗い日本ではなく、世界史の「植民地時代」を終わらせ近代化した誇るべき日本の姿である。そして、その精神こそが、日本人として子々孫々に伝えていくべきべきものであると思う。


富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

2011年07月01日

列島節電狂想曲

 震災と原発事故の影響で夏場の電力が不足するため、東京電力と東北電力の供給地域で今日から節電が実施されたそうである。筆者の住む北海道では、もともと夏の暑さは本州方面ほどではないし、今回の対象からも除外されているので、「節電」について客観的かつ冷静に考えられると思う。

 最初に「目的」を吟味すると、今回の節電の狙いは過負荷による「停電」を避けるためである。

 過負荷停電と同様な現象は、一般家庭でも経験することがある。それは、一時的に消費電力が契約値を上回るとブレーカーが落ちる、という形で表れる。今回懸念されているのは、電力会社でブレーカーが落ちるというパターンであって、そうすると、突然のことであるので大変な社会的混乱が起きる。

 それを避けるために節電するわけだが、節電にも「上手な節電」と「下手な節電」があるのではないだろうか。それは、電気の性質を理解した対応であるのか、あるいは単に減らすだけのものであるのかという違いだ。

 電力消費は、時間帯によって山谷がある。過負荷停電は山が高すぎる時間帯に起きるもので、ここの部分を分散できれば防ぐことができる。うまくやれば、負荷の分散だけで対応できるかもしれない。

 ところで、電力に余裕のある時間帯に目を向けてみると、消費電力が少ないからといって発電機の回転数を下げるわけにいかないという事情がある。関東では50Hz、関西では60Hzと、それぞれ一定の回転数で回さなければならないからだ。この時間帯では、むしろ消費者に電気を使って貰いたいくらいであって、電力会社にとっては節電されると電気代収入が減って不合理なのである。

 電力会社も手をこまねいているわけではなく、余った電力でダムに水を汲み上げ、ピークの時間帯に放出する「揚水発電」などの工夫をしている。ただし、効率は悪く、過剰に期待することはできない。充電式リチウム電池など、蓄電池の容量も知れている。

 日本の電気代は高く、世界一だといわれている。節電で消費を減らすだけでは、発電コストを更に高くするだけである。また、製造業などの生産能力を下げ、国際競争力にもダメージが生じる。今回の電力対策は、節電そのものが目的になってしまってはいないだろうか。節電すべきでない時間帯のことも考えれば、キメ細やかさに欠け、あまりにも荒っぽい政策である。

 かつて、「エコ」のために牛乳パックを (大量に水を使い) 一生懸命洗っている姿がTVで紹介されたのを見たことがある。目的を取り違えている点で、今回も同じような誤りを繰り返しているような気がしてならない。


ポストイット オンラインプリント i-Note

2011年06月01日

ダメージと修復

 科学研究といえども、遅れた分野がある。たとえば原子力安全委員会専門委員の武田邦彦氏は、「地震予知研究は予測できないのだからやめた方がよい」という。確かに、現状では結果の分析しかできていない実態がある。

 しかし、そういう原子力分野の研究は進んでいるのだろうか…と考えると、筆者の目からは疑問が残る。いわば、これも人類にとって経験の浅い分野であって、汚染地域住民の健康への影響予測さえもできていないのが現実である。それゆえに過大評価しすぎて、身動きがとれなくなってしまう。

 意味がよくわからないもののひとつに、放射線量の「積算値」というのがある。これは、受けた放射線すべてが体に蓄積されることを前提とした数値である。放射線量はいわばエネルギーを表し、大きいほど体にダメージがあるが、低線量ではDNA修復能力が働いて、必ずしも有害でないことは既に述べたとおりである。

 ここで、積算値が無意味であることの例を挙げてみよう。

 (1)たとえば、プロ野球のピッチャーが150km/h(時速)で投げた球を顔面に受けたときのダメージを想像すればわかりやすい。これが1時間ごとに繰り返されれば、頭蓋骨が骨折して、やがて死ぬことは間違いない。

 (2)このとき受けるエネルギーを3,600で割り返せば、1秒あたりのエネルギーが得られる。そして、その値と球の重さから逆算して球速を求めれば、重さ100gと仮定して2.5km/hとなる。人間の歩行速度標準値が4km/hだから、これはかなりゆっくり歩いたときの速度である。この速度で3,600回顔面に球が当たっても、常識では怪我をするとは考えられない。

 以上の議論では、(1)も(2)も顔面が受けるエネルギーは等しいが、ダメージは大違いである。どちらも積算量は同じであるにもかかわらず、である。前者はダメージを修復する間がないので累積するし、後者はダメージそのものがないから累積しないのである。

 このように、ダメージを議論するときに積算値で物事を考えるのは意味がない。特に「年間積算値」のように、ダメージを受けたとしても何度も修復される可能性がある場合はなおさらである。


永谷園通販 自慢の逸椀 お吸い物
永谷園通販

2011年05月07日

別次元の議論

 世の中には、正しいと思って信じていたことがある日突然覆ることがある。科学による真理の追求は時としてそれを可能にするものであり、まさにそれこそが科学研究の醍醐味ではないだろうか。

 1946年、時は第二次大戦直後、H.J.マラー氏は、ショウジョウバエを使って放射線の影響を調べた。その結果、発がん性は線量に比例することを突き止め、後にノーベル生理学・医学賞を受賞した。現在、日本で採用されている「暫定基準値」は、この考えに基づいて計算されたものである。

 しかし、今日多くの原子力政策の基礎となっているこの研究には、とんでもない誤りが潜んでいた。それは、実験に使われたショウジョウバエのオスにはDNA修復能力がなく、必然的に比例関係を示すデータが得られてしまうということである。このことは、近年、ミズーリ大学のラッキー氏によって指摘された。

 先のブログで紹介した稲氏や日本放射線学会理事 中島仁信氏らの主張は、人間のDNA修復能力を前提にしたものであって、ラッキー氏と同じ立場に立つ。彼らはもっと高等な動物を使って実験データを取り、ショウジョウバエとは異なる結果が得られることを確認している。ただし、注意してほしいのは、これはあくまで低線量での話だ。

 話を複雑にしているのは、「原発推進派」と呼ばれる人たちである。彼らの中には、この話をあたかも「免罪符」のように利用している人もいる。放射線が人体に有益なのは低線量でのことであって、今回の事故のように高線量の部分が存在する場合は生命の危険すらあることを忘れてはならない。

 稲氏らの研究成果は、科学の進歩で安全な範囲がより明確に示されたことに意義がある。高線量が有害であることには変わりがなく、原発を推進するとか止めるとかいう議論は全く別次元のものであることを強調しておきたい。



2011年04月09日

国難を救う発想の転換

 福島第1原発のトラブルは、いまだに予断を許さない一進一退の状態が続いている。放射能の漏えいはおさまらず、未曾有の大地震と津波から立ち直ろうとする国民の足を引っ張っているのである。

 放射能についてはこれ以上漏えいしないよう監視を続けることはもちろんであるが、既に出てしまった部分の対策も大事である。現在適用されている「暫定基準」が、このままでは日本の農業だけでなく、漁業までをも滅ぼす危険性があるからだ。

 「暫定基準」とは、「とりあえずの基準」である。具体的には、チェリノブイリ原発事故時の統計から、健康被害が発生したギリギリの測定値をもとにして、何分の1かに割り返したものだという。チェルノブイリで被曝者の救命にあたったロバート・ゲール博士も述べている。

「どこの国も輸出入基準を設けていますが、放射線のような場合は、後で消費者から文句を言われないように、とにかく保守的になる傾向があります。そのほとんどは科学的、医学的なものではなく、政治的な理由です。」(日経ビジネス)

 その「政治的な数値」である「暫定基準」で何が起きたのか、検証してみよう。

[3/19] 福島県産の牛乳と茨城県産のほうれん草からから暫定基準値を超える放射能が検出され出荷停止となった。風評被害も発生し、これらの県の農産物は市場から締め出されて壊滅的打撃を受けた

[3/23] 東京都の水道取水口で幼児の暫定基準を超える200ベクレルの値が検出され、幼児に飲ませないよう呼びかけた。汚染は近県にも波及して、水(ペットボトル)の買いだめが起こり、北海道の果てまで店頭から姿を消す事態となった

[4/4] 茨城県の漁船で水揚げされたコウナゴから国の暫定基準値(500ベクレル)を超える526ベクレルの放射性セシウムを検出。茨城県が、県内の漁協に対しコウナゴ漁の自粛を要請した。

 これらに対して枝野官房長官は、「ただちに健康に影響のある数値ではない」とコメントしているが、国民は「それでは10年後に影響が出てくるのか」との疑念を抱く。

 繰り返すが、暫定基準とは「とりあえず目安とする値」であって、あくまで「放射能は少ないほど安全だ」という「常識」の上に成り立っている。このようなものの見方を、ここでは「古典的理論」と呼んでおこう。

 さて、世の中には常識に反する事例もたくさんある。たとえば「ラジウム温泉」などは放射能を浴びることによって健康を増進させる効果があるといわれ、入浴して健康を害したという話を聞かない。

 世界に目を移せば、自然から浴びる放射線量は地域によって数千倍の開きがあり、しかも値が高い地域の住民の寿命は、周囲に比べて明らかに長いことが確認されているという。放射能を浴びているのに健康を増進している点は、ラジウム温泉と共通している。

 これらの事例から導出される結論は、ある程度弱い放射能ならば「有害」どころか、かえって健康によい効果があるのではないかということである。そのことに着目した稲恭宏氏 は、実験を行いデータを取って科学的に確認した。そして「低線量率放射線療法」を発案し、実際に医療に応用したのである。稲氏によればこれは世界でも初めてであり、当時のIAEA幹部にも絶賛されたという。

 稲氏の理論と古典的理論の違いをグラフに示すと、次のようになる。

 これまで着目されていなかった低レベル放射能について、古典的理論で「害の少ない値」として認識されていた暫定基準値は、稲氏の理論ではむしろ健康に有益な値として評価されることに着目したい。

 グラフの「有益」レベルに該当する範囲を「無害」とするならば、福島県と近県の農産物も、東京都および周辺県の水道水も、茨城県の魚も、出荷を止めて大騒ぎする必要などなかったのである。

 風評被害は、日本の農業や漁業を滅ぼす。出荷停止によって農家に与えた損害はとても東電だけで補償できる金額ではないし、長期化して日本全体に波及すると国家財政が破たんする。言いかえれば、国が滅びる。

 単に割り算だけで計算した科学的根拠の薄い暫定基準値はもう卒業して、裏付けデータに基づく理論を、国家レベルで検討すべき時期にきているのではないだろうか。


 ※新しい理論の詳細については、2011/4/17よみうりTV系放送「たかじんのそこまで言って委員会 」において「放射能は危険か?」という題で、日本放射線学会理事 中島仁信氏も述べている


お買い得ベストセレクション

2011年03月09日

陛下に届いたアリの声

 昨年末の天皇誕生日、陛下は喜寿を迎えられた。同時に、陛下はTVで放映された談話の中で難聴気味になったことを打ち明けられた。だが、筆者にとってそれは遠い世界の話ではなかった。

 1964年、東京オリンピックの年に、それまで米国で開催されていたエジソン生誕記念祭が国際行事として東京で開催され、その一環として日本の高校生を対象に科学論文を募集、入選者を東京に招待して表彰式が行われた。幸いなことに、筆者のアリの鳴き声の研究が特選に選ばれ、当時の皇太子美智子妃両殿下ご臨席のもと賞状をいただいた。

 式後のレセプションでは、恥ずかしがり屋の筆者は後ろの列に隠れていたが、同行した恩師から後で聞いたところでは、陛下はほかの生徒に「アリの鳴き声の研究をされた方ですか?」とお尋ねになったという。このときの思い出が46年の歳月を経て、陛下の喜寿の誕生日によみがえったのだ。

 「難聴が進みつつある陛下にアリの鳴き声を聴いていただくには今しかない」と、筆者は考えた。そこで、アリの鳴き声の拡大音声と拡大画像を同時収録した最新の成果を集めたビデオを陛下と美智子様あてにお送りしたのは昨年末のことであった。

 今年に入って、先月のこと。宮内庁からお電話をいただいた。侍従の目黒氏からであった。氏によれば、筆者がお送りしたビデオは、陛下と秋篠宮殿下がご一緒にご覧になったのでよろしく伝えてほしい、とのことであった。アリの鳴き声が、陛下に届いたのだ!!

 目黒侍従は、最後にもう一言付け加えた。
 「陛下は、エジソン生誕記念祭の行事のことも覚えておいででした」
まさに、筆者の記憶と陛下の記憶がつながったことを感じた一瞬であった。



2011年02月04日

幸運な故障

 パソコンなど日常的に使用している機材が故障すると、色々不便な目に遭う。購入してから8年くらい経つプリンタが昨年暮れの年賀状印刷時に故障したが、なんとか年内の修理に持ち込み、印刷が間に合った。ところが、同じプリンタが今年2月、税金の申告時に故障して、残り1枚の書類が印刷できず再度サポート・センター行きとなった。何と不運なことだ!!

 その後センターから電話がきて、「ご相談したいのですが」という。聞けば、その製品のサポートは今年半ばで終了するのだが、今回の修理に必要な部品の在庫が既になくなったのだそうだ。「ついては、代替の新製品を提供することで修理完了とさせて欲しい」と提案があった。急なことなので、先方の提案した機材について調べた上で回答することにし、一度電話を切った。

 思えば、8年も使ったプリンタはさぞかしガタガタになっているであろう。仮に直って返ってきても、サポート終了でこの先「修理不能」の扱いを受けるだけでなく、インクの販売も打ち切られる。そうすれば、いや応なしに新しい機材を買わなければならないのだ。

 提案された製品は、これまでのものと同様、CDに直接レーベル印刷が可能であり、8年前の4,800 DPIをしのぐ9,600 DPI (2倍) の印刷品質の上、新たに自動両面印刷にも対応している。値段はともかく、性能は問題なく上位にある。サポート期間は製造終了後5年だから、少なくとも今後5年以上修理やインクの心配もない。先方はこれをタダで提供すると言っており、買い置きのインクも有利に交換してくれるので、まさに願ってもないこと。何と幸運なことだ!!

 ともあれ、一度有償修理した機材が保証期間中 (3カ月以内) に再故障したものであり、サポート期限内の部品切れなどの責任を取るには、今度のような対応をせざるを得ないのだろう。筆者からの「了解」の返事に、先方も胸をなでおろしていたようである。


富士通

2011年01月01日

シジミチョウ幼虫の鳴き声と動画の公開

 アリの鳴き声と、シジミチョウ (翅を広げて2cmくらいの小さな蝶) 幼虫の鳴き声とは深い関係がある。事実、ゴマシジミの幼虫はクシケアリ (鳴くアリ) の巣に寄生し女王アリの声をまねてアリたちを騙し、羽化直前までアリたちの世話を受けていることをBarberoらがScienceに発表している(2009年)。

 同様な関係はゴマシジミとクシケアリの組み合わせに限らず、ツバメシジミとトビイロケアリについても成立している。この場合面白いのは、トビイロケアリは鳴かないアリなのだが、ツバメシジミ幼虫を刺激して発音を促し、また鳴き声に興奮して反応することである。

 ゴマシジミの幼虫はクシケアリの幼虫を食べ尽くして巣を去るので、人間社会ならば「大変悪質な存在」であるが、ツバメシジミを始め普通のシジミチョウの幼虫はそこまでひどくはない。ましてや、シジミチョウの中でも一番美しく可愛いベニシジミは、アリの巣に入ることなく、騙すこともしない。筆者はベニシジミの写真をトレードマークとして携帯の待ち受け画面やパソコンの壁紙にしているくらいだから、そうでなくては困るのだ。

 さて、新年からとりとめもないことを書いているが、Barberooらの発表に刺激を受けて、筆者のアリの鳴き声の拡大音声/拡大動画同時収録システムを働かせ、ツバメシジミ幼虫とトビイロケアリの「絡み合い」のビデオが昨年撮れたので公開する。

 ゴマシジミの幼虫の声は既にScience (ネツト版) で公開されているが、ビデオは公開されていない。ましてや、ツバメシジミ幼虫の鳴き声とトビイロケアリの動作を同時収録したビデオもほかに見たことがない。まさしく新年の話題にふさわしいと考え、紹介させていただく次第である。

 ©ビデオ「 トビイロケアリの刺激を受けて鳴くツバメシジミ幼虫 」 (クリックして上映)


2010年12月06日

「音の日」を記念して

 12月6日は「音の日」である。1877年12月6日、トーマス・エジソンが蝋管式蓄音器を発明したのにちなんで、日本レコード協会などによって制定された。

 エジソンは、筆者のようなオーディオやビジュアルのネタを仕事にしている者にとっては「元祖」のような存在だが、1964年に米国エジソン財団主催の行事に招待された際、渡された資料に記載されていた内容には大いに感銘を受けた。いわく、

 「天才とは1%のひらめき(inspiration)と99%の汗(perspiration)である」

はよく知られているが、彼の言葉よりも彼が成したこと自体が心に残ったのである。

 天才と呼ばれた彼は、確かに今日我々が恩恵を受けている動画や音声、電球、電力事業に至るまで幅広く「原型」を創造した。これだけの業績を挙げることは、著名な科学者でも並大抵の努力ではおぼつかないであろう。しかし、「だから彼は天才なのだ」というつもりはない。なぜなら、

 「エジソンの最大の発明は『研究所』である」

というのが、最も適切な表現と考えるからである。

 エジソンといえども、たった一人であれだけの発明をやってのけたわけではない。色々な技能を持った者たちを集め、自分のアィディアを実現するために組織として取り組ませたことによって成し得たことなのである。

 12月6日には、日本オーディオ協会などが「音の日」にちなんだ行事を行った。
http://www.jas-audio.or.jp//news/detail/20101129/index.php
筆者にもご案内メールを頂いたが、遠方での行事のため残念ながら出席できなかった。

 その代わり、日本オーディオ協会からの「JASジャーナル(会機関誌)」原稿執筆依頼にお応えして「音キチとアリの鳴き声の研究」の記事を書かせていただいた。幸いなことに、掲載された11月号は音の日に合わせてネットで出版された。まさしく、筆者からの「祝賀の気持ち」と受け取って頂けれは幸いである。


デジタルコードレス電話ならパイオニア
Pioneer

2010年11月03日

地デジ狂想曲

 地上アナログ放送は来年7月に終了するが、地デジ買い替えを促進するエコポイント制度は11月を最後に縮小される。

 筆者のところでは、家族も含めTVよりもパソコンの前に居ることが圧倒的に多く、TVの買い替えはギリギリにと思っていた。しかし、エコポイントも無視できないことや、切り替え間際の混乱を避けるにはそろそろ買い時かなと、品定めを始めた。そんなところへ、息子夫婦から「(筆者の)誕生日祝いに地デジはいかが」と声がかかったのである。

 選定した機種は液晶のバックライトがLEDのもので、従来の冷陰極管と違ってインバータ(高圧発生回路)が不要、それに伴って省電力、コントラストが向上と、新世代の装備である。USBタイプのHDを外付けすれば、録画もできる。

 さて、量販店に買いに行くと、いつもと様子が違う。店員は余裕なく動いていて、質問する間もとれない様子。やっとつかまえて聞いたら、「番号札を取って下さい」という。この店ではかつてない銀行並みの扱いに戸惑いながら従ったら、まだ10人も先約がいた。

 目的の機種を購入し、古いブラウン管式TVを引き渡して、エコポイントを計算して貰うと、合計1万円になった。その用途も予定ずみで、録画用HDとして1TBのものの購入費用に充てた。

 帰宅して、すべての設定が終わった。地デジの画面の繊細さは予想どおりで、録画もHDだからVHSのように「ガシャ」というような騒音は出ないだろうと、安心して就寝したのである。

 それから数時間後、突然妻が声をあげ、筆者も目が覚めた。「ガガッ、ガガッ」と5秒くらいの間隔で音がするのである。見ると、録画に伴ってHDから書き込み音が出ていることがわかった。これでは安眠できないので、その晩はとりあえず録画を止めて寝た。

 HDの書き込み音は、日中ならばさほど気になるレベルではない。いわば携帯電話マナーモード時の「ブルル」と震える音が、TV台の箱に響いて大きく聞こえているような状態なのだ。そこで、HDをTV台から下ろし、絨毯に直置きしてみたら静かになった。

 単なるパソコン用なら文句も言えないが、TVの録画用と謳っているHDならばもう一工夫あってもよいかな、と思う次第である。



リンク

「正しい日本史/世界史」
=日本人として知っておきたいこと=

著書のご紹介

写真のご紹介

2016年09月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

各種検索

Google
国内格安航空券を価格比較!



国内ツアー
国内格安航空券
海外ツアー
海外格安航空券
格安旅行探しの決定版!
  Travel.co.jp

-外国為替-


-天気予報コム-
Powered by
Movable Type 3.34