正しい日本史/世界史

〜日本人として知っておきたいこと〜

1964東京五輪とソウル/北京五輪との「差」

不利と言われた東京が圧勝し2020五輪が決定した理由

ブェノスアイレスにおけるIOCの投票で、第2回東京五輪開催が正式決定された(2013)。同時立候補していたマドリードは財政難、イスタンブールは政局不安があったが、東京は福島原発の放射能漏えい問題で直前まで危ぶまれた。しかし、その懸念は、G20(モスクワ)を中座してまで駆けつけた安倍首相の「安全宣言」によって氷解した。

まずはめでたしであるが、ほかにも「追い風」はなかったのだろうか。それも、IOC委員たちの投票責任が問われる大問題が…。

「ブラジルは失敗かも」の声
東京にバトンタッチする、2016リオデジャネイロオリンピックの準備遅れは深刻。市民からは「日本人による準備なら成功確実だが、ブラジルは失敗しそうだ」との声も出ている。

平昌は絶望的なのに日本の援助をあてに立候補
2010年、韓国は一人のレーサーもおらずレース経験もないのに、F1レースを開催し失敗している。2018年の平昌冬季五輪も、決定的な雪不足、資金難と冬季競技の経験不足で、同様な失敗を繰り返すことが確実視されている。そもそもが日本の民主党との密約で、「日本の助け」をあてにした立候補だったが、その後自民党政権に交代したため「空手形」になってしまった。

つまり、これから2020東京大会以前に行われるオリンピックは、どちらも今から失敗が懸念されているのである。そして、失敗の責任の一端は、投票でこれらの都市を開催地に決めたIOC委員たちにもある。今度こそ同じ過ちは繰り返したくないから、安全確実な東京を選んだのだ。日本は、過去3回の大会すべてに大成功を収めている。

1964東京五輪開催がソウル/北京に与えた影響

1964東京五輪は、戦後復興を遂げ、急成長した日本の経済力、技術力を世界に誇示する恰好の場となった。このとき、周辺のアジアの国々は「指をくわえて」見ていて、「いずれ自国でも」と考えたであろう。

その後日本経済は、人件費の高騰とともに、次第に労働力が安い韓国に生産拠点を移した。それに伴って韓国経済が急成長を遂げ、歩調を合わせるように1988年のソウル五輪へとつながった。韓国の特徴は、「すぐ隣りの国」日本で作られたハイテク部品を使い、安い労働力で組み立てるという経済モデルであり、日本からの部品供給で成立しているのが特徴である。

しかし、日本ではかつて「10年で給料が2倍」といわれた池田内閣の「経済成長政策」に比べて、韓国での人件費の高騰は激しいものがあり、「1年で3倍」という例まで聞かれた。こうなると、韓国への進出は意味がなくなったのである。

韓国から撤退した企業は、安い人件費を求めて中国市場を開拓した。そして、「世界の工場」となった中国は、2008北京五輪を開催した。

日本にあって韓国/中国になかったもの

しかし、韓国や中国が日本から見習うべきものは、経済力だけではない。五輪開催時点で、日本にはあったが、韓国や中国になかったものを正しく認識しておくことが必要だ。

代表的な例をあげると、1964東京オリンピックでは、日本が独自に開発した東海道新幹線が旅客を安全、快適に輸送した。目をつぶっていれば発進したことさえ気付かない滑らかな走りで超高速を実現した世界最高水準の鉄道は、日本人だけでなく先進国といわれた国々からの旅行客まで驚かせた。

このような、「韓国でなければ」、「中国でなければ」という、世界に誇れる技術を彼らは見せてくれたであろうか。

中国にあっては、日本の新幹線技術を盗んで、モーターだけ強力なものに取り換えて高速化し「中国が独自に開発した」と豪語した。後日それは安全システムを止めて稼働していたため、時速100kmで追突して大惨事を招き、世界中に知れ渡った。スピードを上げるならば、それに見合った安全性の強化が必要なのだ。

東京の2回目のオリンピックが決まったのは、日本が世界から信頼されているからである。そして、その信頼は、長年蓄積された「伝統」から醸成されたものだ。同じものまねをしても、日本人は常に「お手本」を上回るものに改良してきている。ここが、日本と中韓との「違い」であり、「ものまね」を乗り越えない限り日本を「追い越す」ことはできない。


正しい日本史/世界史 〜日本人として知っておきたいこと〜  カウンター