カセット・テープにデータを保存していた時代の話

著者から見た業界史 1

著述家として仕事を始めてから、既に数十年経ちました。サラリーマンだったら、定年を2度くらい迎えたところだと思います。

もともと物書きが好きだったので、中学生時代から時々電子系の雑誌に製作記事を投稿していました。アナログ、オーディオといった分野です。

大学卒業後は、官庁で「電子計算機」のシステム開発の仕事をしていたので、マイコン時代に入ると、ハードウェアの設計、組み立てにのめりこんでしまいました。これが、製作記事の投稿へとつながりました。

当時は、メモリ搭載256バイトが普通、1Kバイトも積んだら羨ましがられた時代。フロッピイ・ディスク装置1台50万円というので、庶民は音楽用カセット・テープにデータやプログラムを保存していました。このときデータの互換性を持たせるため、「カンサス・シティ・スタンダード」という規格が採用されましたが、300bps(30バイト/秒)という遅さに皆我慢していました。

これに対して色々改善策が提案されましたが、多くは互換性という点で難がありました。その中で、スピードを10倍以上に改善しながら、スィッチひとつでカンサス対応にできる「サッポロ・シティ・スタンダード」を、雑誌「トランジスタ技術」で筆者が提案し、決着がつきました。


日経テクノロジー「PC技術興亡史」より---

カセットテープからフロッピーディスク、そしてHDDへ

KCSは、300bpsで記録する規格でスタートした。後に960bpsや1200bpsで記録する規格も生まれた。国内では、千葉憲昭氏が開発した「SCS(サッポロ・シティ・スタンダード)」という規格が一時期流行した。これは周波数ではなくエッジ間隔変調という方法で、1200bps(※)を可能にした。
(大原 雄介=フリーランス テクニカルライター)
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/FEATURE/20150120/399780/?rt=nocnt

※大原氏の記事中「1200bps」は、正しくは「3200bpsです。


wikipedia「データレコーダ」より---

・サッポロシティ・スタンダード
カンサスシティスタンダードは、冗長さにより信頼性が高い半面、その遅さは当時のマイコン用としても遅かった。このため制定後すぐに、より高速な方式の提案が乱立した。サッポロシティ・スタンダードは標準としてのカンサス方式との互換についても考慮しつつ、2値変調の理論限界に迫る速度を実現することで、大幅な改良の余地を残さない「スタンダード」とするべく提案された野心的な仕様であった。

サッポロシティ・スタンダードは、2,400Hzと1,200Hzの2値変調という点はカンサスシティスタンダードと共通としている。その上で、マーク(1)を2,400Hzの半サイクル、スペース(ゼロ)を1,200Hzの半サイクルとする。つまり信号波形を矩形波にモデル化すると、その1個の山あるいは谷の前後のエッジ間隔の長短に情報を乗せる方式である。0と1の割合を半々と仮定して3,200bpsと公称した。


この桁違いのスピードを実現したサッポロ・シティ・スタンダードは、フロッピイ・ディスクの普及とともにその役割を終えましたが、筆者にとっては原稿書きが常態化し、著作を本業とする契機になりました。

ソニーストア